top of page
  • info540229

【Ⅰ様邸 屋上防水工事】

一宮市において、戸建ての屋上防水工事を請け負いました

BEFORE


下地調整作業

※下地調整・・・カチオン樹脂を使用


下地処理とは、旧塗膜の補修のことを言います。これにより、塗膜が剝がれにくくなります。この作業を丁寧に行うことで、新しい塗料の持ち具合が変わって来ます!

種類にもよりますが、一般的には10年程度の耐久年数とされています。




プライマー塗布作業

塗料の密着性を高める接着剤としての役割と、凹凸を滑らかに整える役割があります。

※プライマー塗布→塗布完了



改修ドレン取付作業

※水を適切に排出するためにカバーをし、密着させます。



自着シート張り作業



脱気筒取り付け



ウレタン塗布作業

液状の防水材のことで、塗り重ねて厚みを作ることで防水層を形成します。

※1層目塗布→2層目塗布→施工完了



トップコート塗布作業


AFTER

この度は、ダイペンにご用命いただき誠にありがとうございました。

Comentários


bottom of page