• info540229

【H様邸 建屋切離し後の改修工事②】

蔵の板金屋根 伏せ替え工事後の改修工事を行いました。

before


蔵の壁 塗装工事

①漆喰仕上げ面を板金仕上げをし、施工下地・胴縁(どうぶち)取付けを行います。



②面材で下地を張っていきます。

※下地張り完了



③防水シートを張っていきます。

※防水シートの上に面材で補強します。



④ガルバ素地平板を張っていきます。

※ガルバとは…ガルバリウム鋼板。アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のこと。

 ガルバリウム鋼板は、他の外壁材に比べて、メンテナンスの手間が掛からないのが特徴です。

約10~15年ほどで塗替えの必要があるサイディングと比べると、コストを抑えることが出来ます。




⑤鼻隠しの塗装作業



⑥平板面に、艶消し吹き付け塗装を行います。




AFTER

 施主様のご意向により、既存で残せるところは残していきたい。とのことでしたので、木材と板金との併用仕上げとなりました。

西面1面のみ、0.35ミリのステンレスを張り、仕上げました。